作業員

危険な蜂の巣の退治は駆除業者に依頼|害獣及び害虫被害について

屋根裏に侵入する害獣

白鼻芯

屋根裏に侵入する害獣の中に、ハクビシンと呼ばれる害獣がいます。ハクビシンによる屋根裏侵入を対策したいと考えているのであれば、専門の駆除業者に依頼して対策してもらうことが最適です。

詳細へ

しつこい蟻の侵入

アリ

蟻というのは気が付くと住居に侵入しており、行列を作っています。実害というのは少ないですが、噛まれてしまうことも屡々あるでしょう。蟻駆除業者に依頼することで、巣ごと退治することが可能です。

詳細へ

スズメバチの脅威について

ハチの巣

スズメバチというのは日本国内に生息する蜂の中でも、最も危険な蜂と言われています。年間における被害発生率は毒蛇による被害発生率を上回ると言われており、毎年30人から40人の死亡者がでていると言われています。こういった数字から、スズメバチの危険さを容易に想像することができるでしょう。スズメバチは5月中旬頃から営巣を開始し、7月から8月に掛けて働き蜂の数が増えていきます。9月から10月には働き蜂の数も十分な量となり、巣も大きなものとなるのです。また、9月から11月というのは、スズメバチの攻撃性もピークになる時期でもあります。家の近く等で蜂の巣を見かけた時、その巣が丸く内部が露出していない蜂の巣であれば、スズメバチの巣である可能性が高いでしょう。そういった巣を見つけた際には、すぐに駆除業者に連絡し退治してもらう必要があります。
スズメバチの巣を発見し、それを個人の力でどうにかしようとすると、致命的な怪我を負う可能性が高いのです。最悪の場合、死に至るケースもあります。そのため、退治のプロである駆除業者に依頼することが最適なのです。駆除業者に蜂の巣ごとスズメバチを退治してもらう場合、時期によって駆除費用が変動します。巣が小さく働き蜂の少ない春から初夏であれば、その費用は安価なものとなるでしょう。しかし、巣が大きくなり働き蜂の数も増えた夏頃から秋口というのは、駆除費用が高額となってしまうのです。駆除費用が高くなる時期というのはスズメバチの攻撃性が高くなる時期でもあるため、駆除業者にとってもリスクのある時期になります。そのため、駆除費用が春から初夏の時期に比べ高額になってしまうのです。

ハトの習性と被害

レディ

キジバトは日本全国に生息するハトで、人間の生活圏内で最も多く目にすることのできるハトでもあります。近年では、糞害や騒音被害を引き起こす害鳥として認知され、被害発生時には害鳥駆除業者にハト退治を依頼することができるのです。

詳細へ