婦人

危険な蜂の巣の退治は駆除業者に依頼|害獣及び害虫被害について

ハトの習性と被害

レディ

ハトというのは人間の生活圏内で多くみることのできる鳥で、数羽から十数羽の群れで生活しています。人間の生活圏内で多くいられるハトはキジバトと呼ばれ、様々な害鳥被害を発生させているのです。キジバトによる害鳥被害というのは様々で、その一つとして糞害が挙げられます。キジバトを含む全てのハトは自身のテリトリーに対して強く執着しており、数羽から十数羽の群れで一つのテリトリーに留まります。そのテリトリーがアパートやマンションのベランダ、公園等で合った場合、糞害による被害が引き起こされます。
テリトリーに執着するハトは、自身のテリトリー内で糞をする習性があるのです。つまり、数羽から数十羽の群れが同じ場所に繰り返し排便を行なうということになります。自身の住む住宅をテリトリーとされてしまった際には、すぐに駆除業者にハト退治を依頼する必要があるでしょう。その場所がマンションやアパートのベランダであった場合、糞害だけでなく騒音被害も発生してしまいます。数羽から数十羽のハトが同時に鳴くと、その音は大きな音となるのです。個人の力でハト退治を行なうことも可能ですが、注意点が幾つかあります。注意点の一つ目は、ハトを殺傷してはいけないといった点です。ハトは狩猟対象ではないので、安易に殺駆除してはいけません。次に、捕獲についてです。狩猟対象でない動物というのは、捕獲も禁止されています。捕獲を行なう際には、その地域にある自治体に許可を得る必要があるのです。それらの申請処理というのは、手間の掛かるものとなるでしょう。ハト退治を専門とする駆除業者であれば、そういった申請処理もしっかりと行なった上で適切なハト退治を行なってくれます。